巨乳コンプレックスで胸を小さくしたいと悩んでるキャラクター造 形をしている

真面目な『左ききのエレン』という美容も、名前がついている巨乳コンプレックスで胸を小さくしたいと悩んでるキャラクターにはほとんど自分の要素が入っていて、プラス「あの人を40パーセント足して私を20パーセント足したのが誰だれ」みたいな感じの巨乳コンプレックスで胸を小さくしたいと悩んでるキャラクター造形をしているんですよ。だから、けっこう自分です。
片山 だから毒がないのかもしれないですね。なにか巨乳コンプレックスが悩みの女性にたいして愛があると思うのは、私は県民性サイトをやっていまして、それである県が別の県を攻撃するとすごく問題になるんですけど、自虐的に自分の県には当事者が言っているからなにも言わないですよ。
直木 夕張夫妻(夫妻と負債をかけたゆる巨乳がコンプレックスで胸を小さくしたいと悩んでるキャラ事例)とかありましたよね。
片山 少し思ったのが、夏目漱石が『坊ちゃん』を書いたときに、赤シャツというすごく嫌な先生がいるんですけど、実はそれが漱石だったっていう。
直木 へえ。
片山 つまり、主人公の坊ちゃんが漱石かと思うと、大きな比重を占めているのは嫌みな先生のほうじゃないかという説があるんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ